サウジアラムコ、昭和シェル石油とソーラーフロンティア、サウジアラビアでの太陽光発電パネル製造に向け共同調査実施に関する覚書を締結

国家産業クラスター開発計画国庁の支援による

2016年9月1日(東京)- サウジアラビア国営石油会社、サウジアラムコは、昭和シェル石油株式会社(以下、「昭和シェル」)とソーラーフロンティア株式会社(以下、「ソーラーフロンティア」)の協力の下、国内に太陽光発電(PV)パネル製造施設建設に向けた事業化の可能性に関する調査を行うことで合意、本日、覚書を締結しました。

本調査は、サウジアラビアの国家産業クラスター開発計画国庁(以下、「NICDP」)の援助を受けて行われます。NICDPはサウジアラビア政府機関で、太陽光エネルギー製品を含む、特定の主要産業分野の発展を推進しています。

同覚書は、ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が訪日中に調印されました。

サウジアラムコからは、アミン H. ナサール社長兼CEOが、NICDPからはカリド アル サラム長官が、昭和シェル石油からは亀岡 剛 代表取締役社長兼グループCEOが、そしてソーラーフロンティア株式会社からは平野 敦彦代表取締役社長が署名しました。

同覚書の下で3社は、主に以下の分野についての調査を実施する予定です。

  • 世界有数の銅、インジウムおよびセレン(CIS)の薄膜太陽電池製造プラントの建設、操業
  • 現地で生産されるCIS太陽光発電モジュールを通じ、世界有数の均等化発電原価(LCOE)を確立するため、競争力あるビジネス・エコシステムの構築
  • 上記2つの調査を支援する技術開発を加速するため、共同研究開発を行うための共同スキームの構築

ナサール社長は、「サウジアラムコと日本のパートナー企業によるこの取組みは、我が国の太陽光発電パネルを安定的に供給するためのものです。また、9.5ギガワットの電力を再生可能エネルギー源から発電するという、我が国の『サウジアラビア・VISION 2030』の目標を達成の一助となります」と述べました。

 

サウジアラムコについて:
サウジアラムコは、総合エネルギーおよび化学分野の世界的リーダーです。当社は「Energy is opportunity」という信念に基づいて事業を展開しています。当社のグローバル・チームは、世界の原油供給8バレルにつき1バレルを生産することから、新しいエネルギー技術の開発まで、全てにおいてポジティブな影響をもたらすことを目指しています。当社はその資源をより持続可能で、より有用なものにすることに焦点を当てています。これらは世界経済に長期的な成長と繁栄をもたらすためです。
www.saudiaramco.com 

連絡先:
サウジアラムコ国際メディア・リレーションズ(Saudi Aramco International Media Relations)
Email: international.media@aramco.com 

国家産業クラスター開発計画庁:
国家産業クラスター開発計画庁(The National Industrial Clusters Development Program:NICDP)は、サウジアラビアにおいて急成長中の輸出産業クラスター5つ(自動車、鉱物・金属加工、太陽エネルギー製品、プラスチック・化学品、医薬品・バイオテクノロジー)の開発を指揮しています。本国家戦略は、サウジアラビアの豊富なエネルギー、天然資源、原料を最大限に活用し、輸出の成長、そしてテクノロジーやスキル開発における便益の実現を図るものです。 

昭和シェル石油株式会社について:
昭和シェル石油株式会社(5002, T)は東京証券取引所の上場会社で、エネルギー産業における110年以上の歴史を持つ企業です。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページをご覧ください。

ソーラーフロンティア株式会社について:
ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大のCIS薄膜太陽電池のソリューション企業です。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境における経済性および環境特性の高さが特徴で、これまでに住宅用・産業用の両面において革新的かつプロフェッショナルなソリューションをご提供してきました。ソーラーフロンティアは、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページFacebookTwitterをご覧ください。