低炭素燃料の未来を切り拓くために2023年からフォーミュラ2とフォーミュラ3がアラムコと提携

タラル・マリ(アラムコ 広報担当ゼネラルマネージャー)、ステファノ・ドメニカリ氏(フォーミュラ1 プレジデント兼CEO)、ブルーノ・ミッシェル氏(FIAフォーミュラ2およびFIAフォーミュラ3 CEO)

Formula Motorsport Limited(FML)は本日、フォーミュラ1グローバルパートナーであるアラムコとの間で、持続可能な燃料を2023年から両選手権で導入する覚書に署名しました。これはFIAフォーミュラ2およびフォーミュラ3選手権が、いかにこの重要な開発分野におけるパイオニアであるかを示すと共に、引き続きモーターレース界の頂点に立つ、将来のFIAフォーミュラ1世界チャンピオンを生み出し続けている証です。

この合意はFIAの世界モータースポーツ評議会の承認を条件とし、2030年までにネットゼロカーボン化を目指す、FIAとフォーミュラ1によって発表されたより広範なサステナビリティ戦略の一翼を担います。

規則により、2026年までにFIA全選手権で車両に100%持続可能な燃料を使用することが義務付けられます。この行程における重要な節目として、100%持続可能な燃料と次世代ハイブリッドパワーユニットが2026年のF1シーズンから同時に導入されます。

モータースポーツはこれらのイノベーションを通じて、未来の交通運輸産業全体で重要な役割を果たすさまざまな技術の創出を後押しするだけではなく、その最前線に立ち続けます。

アラムコでは「ドロップイン」技術として持続可能な燃料の開発に取り組んでいます。これはこの燃料が、すでに世界中に存在する車両に対して展開可能であり、輸送による世界的な二酸化炭素排出の削減に役立つことを意味します。

FIAの会長であるモハメド・ビン・スライエム氏は次のように述べています。「サステナビリティは世界のモータースポーツの最重要課題であり、この取り組みをフォーミュラ1だけでなくフォーミュラ2、フォーミュラ3、そしてエコシステム全体で推し進めることが極めて重要です。現在急速な発展と進化を続けているモータースポーツは今後も先頭に立ち続け、気候変動に対処するために不可欠な持続可能な燃料を含む、さまざまな技術の開拓に努めることになります。私たちは、世界が直面する問題を解決する上で重要な役割を担っているのです」

フォーミュラ1のプレジデント兼CEOであるステファノ・ドメニカリ氏は、次のように述べています。「アラムコはこの分野のリーダーであり、FIA世界モータースポーツ評議会の承認が前提ではありますが、F2とF3の仲間たちと緊密に連携しながら、私たちが目標とする持続可能な燃料の実現を目指します。彼らは未来のドライバーたちのために道を切り開くだけでなく、モータースポーツの最新技術のための素晴らしい検証の場を提供してくれるのです。F1は2026年に、自動車業界を越えて革新的な解決策をもたらす、ゼロエミッションの持続可能な燃料へと移行します。アラムコとすべてのメーカーの支援を通じて、私たちはネットゼロに向けた業界の動きを加速できるのです」

アラムコの技術サービス担当シニア・バイスプレジデントであるアハメド・アルサーディは次のように述べています。「アラムコの目標は、2050年までに自社で操業している全事業において、全体でスコープ1およびスコープ2の排出量ゼロを達成することです。また、製品のバリューチェーン全体で排出量を削減するために、サプライヤーやお客様と緊密に連携する必要性を認識しています。ここには輸送分野が含まれ、内燃機関の再設計やそれに使用される燃料がその取り組みとして挙げられます。持続可能な燃料に関わるF2およびF3とのパートナーシップは、こうした取り組みの延長となるものであり、私たちはその可能性に大いに期待を寄せています。」

アラムコの最高技術責任者(CTO)であるアハマッド・アルコウェイターは次のように述べています。「アラムコでは、低炭素型輸送ソリューションの実現に寄与すべく、その唯一無二の規模、世界的なネットワーク、そして技術的専門知識を活用しています。私たちはパートナーシップの力を強く信じ、F2およびF3との協力を通じて、液体合成燃料の大いなる可能性を示すことを目指しています。低炭素燃料や、さらに効率的なエンジンから最先端材料、炭素回収技術まで、輸送分野の脱炭素化を可能にする実用的なソリューションを模索しています。この行程においてF2およびF3と協力することで、モータースポーツ、ひいてはより広範な輸送分野におけるCO2排出削減を可能にし、プラスの影響をもたらしたいと考えています」

FIAフォーミュラ2およびFIAフォーミュラ3CEO、ブルーノ・ミッシェル氏は次のように述べています。「サステナビリティは現在の世界における最優先事項です。私たちはこれまでかなりの時間をかけて、モータースポーツをよりサステナブルなものにする努力を重ねてきました。合成燃料への転換という目標は、近い将来に先進的な持続可能な燃料を生産すると固く決意している、アラムコのような規模の企業とのパートナーシップを通じてのみ達成できます。F2とF3は単独企業による単一製造であるために、このような大幅な変更を容易に実施できます。現在F1で使用されている18インチタイヤを昨シーズン導入したように、私たちが自らイノベーションの役割を担い、持続可能な合成燃料に向けた第一歩を踏み出せたことを、大変嬉しく思います」

本件に関するお問い合わせ】

サウジアラムコ
コーポレート・コミュニケーション部(英語のみ)
Email: international.media@aramco.com


${ listingsRendered.heading }