アラムコ・アジア、2020 Quality & Technical Excellence Virtual Forum を開催

7月17日に開催された2020 Quality & Technical Excellence Virtual Forumにはアジア各地から180名以上の代表者が参加し、品質・技術上の様々な問題について議論や情報交換を行い、さらにベストプラクティスや経験などを共有しました。

日本ならびに韓国、中国、インド、シンガポール、東南アジアから180名以上の代表者の参加のもと、アラムコ・アジアは7月17日、2020 Quality & Technical Excellence Virtual Forumを開催しました。

品質および技術、プロジェクトマネジメントの専門家と、アジア諸国の資材サプライヤー、サービスプロバイダーがバーチャルプラットフォームを介して参加し、課題についての議論や情報交換を行い、品質・技術上の様々な問題に関するベストプラクティスや経験などを共有しました。

新型コロナウイルス影響下での結束

このフォーラムは、「Towards Excellence in Supplier’s Performance」というテーマのもと、アラムコが求める最新の品質基準についてサプライヤーの理解を深めること、ビジネスパートナーと緊密な連携を図ること、新型コロナウイルス影響下で確実に事業を継続していくことを目的として開催されました。  

アラムコ・ジャパンの代表取締役社長オマール アル アムーディは開会の辞の中で、ビジネスや製造の新たな慣習に対応するためには技術や品質についてアイデアを出し合うことが重要だと述べ、さらに安全な労働環境と業務における卓越さという最終的な目標達成に向けて、互いの協力が不可欠だと強調しました。

アラムコ・アジアのエンジニアリング・技術サービス部のバイスプレジデント、モハメド アルカターニは、このような情報交換プラットフォーム構築により、品質と技術に関する業務を最適化し、調達資材の完全性を確保し、顧客の期待にもこれまで以上に応えることができるだろうと述べました。

7月17日に開催された2020 Quality & Technical Excellence Virtual Forumで、開会の辞を述べるアラムコ・ジャパンのオマール アル アムーディ代表取締役社長と、熱心に耳を傾ける韓国の品質マネジメントチーム。当フォーラムにはアジア各地から180名以上の代表者が参加し、品質・技術上の様々な問題について議論や情報交換を行い、さらにベストプラクティスや経験などを共有しました

品質・技術に関するインサイト

今回のフォーラムでは、プレゼンテーションやオンラインパネルを通して、アラムコの最新品質要求事項や国際レベルの基準に関する有益な情報が提供されました。

アラムコ・アジアの品質管理部長、ヤセル アルスブヒは、「クオリティ・マネジメント部紹介」と題するプレゼンテーションの中で、様々な検査サービスに焦点をあて、関連した課題とアジア太平洋地域のすべての業務におけるリスク軽減計画について説明しました。

アラムコ・チャイナのエンジニアリングサービス部のエイドリアン ワンは、エンジニアリング業務の説明に加えて、サポート業務での主な役割であるメーカー評価や技術調査、投資計画のサポートについて述べました。

アラムコ・インドのハニ ババは、「品質向上とエスカレーションプロセス」と題して、品質に関する様々な落とし穴を事例で紹介し、それに伴う結果と対処方法について述べました。

アラムコ・チャイナのラシッド アルハジリは、「資材サプライヤーの品質パフォーマンスの概要」と題して、サプライヤー品質評価指標や欠陥品報告書など様々な品質モニタリングツールを細かく検証し、さらに不適合のケースと国際基準に沿った再発防止策について説明しました。

プロジェクトマネジメント代表を務めるラカン アル ウタイドは、「マルジャン油田増産プログラムの概要」と題して、プロジェクトの範囲と関連企業への要求事項を説明したのち、質疑応答を行いました。

結束を強めるパネルセッション 

モハメド アルカターニならびにヤセル アルスブヒ、イブラヒム アルジャルダンをはじめとする品質・技術管理者や専門家は、すべての参加者とともにパネルセッションを通して喫緊の課題への解決策について議論し、サプライヤーに対する当社の全面的なサポートを約束しました。

今回のフォーラムは、アジア地域全体で定期的に開催される一連のイベントの一つで、最新の品質基準についてサプライヤーの理解を深めるとともに、相互利益につながる事項に関して意見交換を行うことを目的としています。

← エンジニアリングおよび技術サービス

技術サービス部は、サウジアラムコに最高水準のサービスを提供する一方で、メーカーの指導や、アジア地域におけるエネルギー・化学品分野の革新的テクノロジーの特定など、技術・品質のさらなる向上に努めています。

 

詳細を見る

${ listingsRendered.heading }