日本、東京

アラムコ・アジア・ジャパン、2018年アラムコ・アジア品質交流会議を開催

アラムコ・アジア・ジャパン(AAJ)は先般、クォリティ・マネジメント部門が毎年開催している「アラムコ・アジア品質交流会議並びにワークショップ(Quality Exchange Meeting and Workshop)」を検査会社を招き開催しました。このイベントは、お互いの連携を強化し、検査会社のマネージメントとの全面的な取り組みを確実なものにし、知識を共有するとともに、将来のプロジェクトへの見通しを提供するためものです。

 

「高品質の追求」 

「高品質の追求」をテーマに開かれたこの催しでは、検査会社や検査員のパフォーマンス向上に向けた諸分野において広範な議論が行われました。 7つの検査会社から60名以上の参加者が集い、アラムコ・アジアのマネージメントのほか、韓国、中国、インドの各アラムコ・アジア支社のクォリティ・マネジメント部代表も参加しました。

開会にあたり、AAJの代表取締役社長オマール アル アムーディ(Omar M. Al-Amudi)は出席者に向け歓迎の言葉を述べ、連携の維持・強化に向けた全面的な取り組みと、品質業務パートナーと共に行うこの年次イベントの重要性を強調し、「品質管理によって企業価値を守り、コストを削減し、組織の革新を促進するだけでなく、我々全員が協力しどのように品質確保に向け貢献ができるかが重要です」と述べました。

 

実績と表彰

アラムコ・アジアのクオリティ・マネジメント部門の統括責任者であるムハナッド A. ユセフ(Muhannad A. Yousef)は、アジア地域における品質管理の総合的成果と今後の見通しについて参加者に概要を説明しました。 また、午後のワークショップでは、検査会社がベスト・プラクティスの共有と、改善への取り組みを紹介しました。

この催しは、参加検査会社並びにワークショップ発表者に感謝状を贈呈する表彰式によって幕を閉じました。 ユセフは、「今年の会議のテーマは『高品質の追求』。一人ひとりが追求することにより、我々全員が追求し、共に成功の道を歩み続けていくことができます」と結びました。 

 

写真キャプション: 「アラムコ・アジア品質交流会議並びにワークショップ」でアジア地域の品質管理の総合的成果と今後の見通しについて参加者に説明するムハナッド A. ユセフ。

Close